So-net無料ブログ作成

VF-1J ミリア機 転じて・・・ [アニメモデル]

第5宇宙空母航空団CSW-5

第1飛行中隊 SVFA-56 ソードキラーズ CO機 モデックス101

101_01.jpg
「SVFA-56 ソードキラーズ」は、統合軍に参加した日本海軍を母体にした飛行隊のひとつ。
”56”は言わずと知れた、山本五十六元帥からいただきました。(「戦闘妖精雪風」でも空母の名前になってましたね。)
”ソードキラーズ” は”侍”のイメージですが、元ネタは藤岡弘主演の映画「SFソードキル」(原題:Ghost Warrior)。
元日本軍なので、全機”新中州重工”製の純粋日本製 J型 というぜいたくな?飛行隊。
真っ赤なミリア機は、迷うことなく第1飛行隊機。
101_02.jpg
機体は印刷されたモデックスを消したり、キャノピー前をブラックに塗った程度でほとんど何も加工はしていません。
101_03.jpg
編隊灯を付け忘れました。(涙) 
102 も同時進行で製作。当然?あの機体です。
101_04.jpg
インシグニアはデザインしました。 侍のシルエット・・・のつもり。
描いた時は「いいじゃん!」とか思ったのですが、こうしてみると・・・どうも・・・なんというか・・・。[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]
101_05.jpg
「SFソードキル」(原題:Ghost Warrior)
1984年の藤岡弘主演のハリウッド映画です。
氷付けになっていた400年前の侍が、現代のロスで蘇生。 侍としての正義を貫こうとするが、警察や研究者に追われ・・・。
・・・これだけだと、トンデモないB級映画に聞こえますが、実際は藤岡弘の重厚な侍ぶりや、とても真面目な脚本により、なかなかの秀作だと思います。(彼は真剣を持ち込んで撮影をしたそうです。)
まったく異なる世界の中で臆することなく侍の矜持を貫く姿は、間違いなく「カッコいいとはこういうことさ」といえる一つでありました。

SFソードキル [DVD]

SFソードキル [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


 

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

calvary

ミリアって思ってた以上に渋い色味なんですね。見なおしてしまいました(^^
インシグニアもカッコイイ!
by calvary (2014-04-20 22:33) 

エル

実際は写真よりもう少し濃いめです。私も意外でした。余談ですが、ベントラルフィンや垂直尾翼のデカールには機体色に合わせて調色(PC上で)した色を印刷しているのですが、この色を単体でみると赤茶色にしか見えません。でも重ねてみると比較的合っているのです。その感覚で見るとこんどは機体まで茶色に見えてきてしまいます(^_^;)。 微妙な色合いなのかもしれません。 
インシグニア、お褒めいただき、ありがとうございます。
by エル (2014-04-21 00:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。